フィッシュ疾患モデルはいかがでしょうか

大分におけるゼブラフィッシュ研究の立ち上げの際には、多くのゼブラフィッシュ研究者の方々からご協力とご指導を頂きました。私たちも微力ながらゼブラフィッシュを用いた疾患研究の普及に貢献できればと思っています。新規遺伝子変異の病原性に関心のある医師、研究者の方、お気軽にお声がけいただけましたら幸いです。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です